室戸阿南海岸国定公園

室戸阿南海岸国定公園

室戸阿南海岸国定公園

徳島県南部から高知県室戸岬までの海岸一帯は、室戸阿南海岸国定公園になっており、砂浜、断崖絶壁、リアス式海岸と変化に富んでいます。その所々の突端である岬からは胸躍る大海原が広がっています。 国定公園内に位置する1市3町の見どころをご紹介します。

四国最東端・阿南市

温暖な気候と海、山、川の自然に恵まれ、古墳や阿波水軍の古い歴史と四国遍路のお接待文化がのこる一方で、LEDの世界的な生産も誇る阿南市。

蒲生田岬(かもだみさき)

 

蒲生田岬(かもだみさき)

 

紀伊水道に突き出た蒲生田岬は四国最東端の地。この辺りは四国で最初に朝日が昇る場所といわれ、特に晩秋から冬にはΩ(オメガ)の形をした珍しい日の出「だるま朝日」が見られる事もあります。岬の突端のこんもり高い山の頂上に立つ白い燈台は大正13年に点灯。燈台展望台からは和歌山県の日の岬や大鳴門橋、淡路島まで見える事もあります。

モニュメント「波の詩」

 

モニュメント「波の詩」

 

蒲生田岬灯台へ向かう遊歩道の入口横にある石のモニュメント。阿南市在住の彫刻家・大津文昭さんが、波と風をモチーフにした作品で、高さ2.6m、幅34.m、奥行き0.8mの大作。ハート型の空洞には、大人2人が座れます。この空洞から望む水平線に浮かぶ伊島の景色から、それぞれの想いを感じてください。

かもだ岬温温泉

 

かもだ岬温泉

 

県内で最高温度とされる温泉は、においがなく肌ざわりが軟らかで気持ちがいいと大評判。岬に上陸するウミガメをイメージした露天風呂「うみがめの湯」からは対岸にある椿泊が見え、高台からは淡路島まで臨む美しい大海原が一望できます。無料レンタサイクルで周辺の散策も楽しめます。

椿泊(つばきどまり)

 

椿泊(つばきどまり)

 

橘湾と蒲生田岬の間、紀伊水道に伸びる半島の南側に位置する椿泊町は、海と山にはさまれた細長い漁師町。車一台がやっと通れる細い道の両側には家々が肩寄せ合って並び、古い木彫りの手すりが残るレトロな風情の家々からは漁師町の豊かな人情が感じられます。

椿自然園

 

椿自然園

 

園内には日本全国の銘椿、外国椿等700余種3000本の椿があり、同園では椿の栽培指導、苗木の販売展示があるほか、3月には椿まつりも開催されます。園内には宿泊設備やレストランもあり、地元の新鮮な魚介類が味わえます。椿はもちろんですが、徳島88景のひとつである園からの絶景も見物です!

北の脇観光地引網

 

北の脇観光地引網

 

春から11月頃まで、北の脇海水浴場の一角で地引網が体験できます。タイ、チヌ、アナゴなどが網の中でピチピチと跳ねる姿から、漁の成果が見てとれる海辺の町ならではの体験はいかが♪獲れた新鮮な魚たちは、漁港のスタッフがそのまま海辺で料理してくれます。30名から予約制。
お問合せ:中林漁業協同組合 TEL:0884-22-0509

伊島

伊島

 

蒲生田岬の東海上、紀伊水道に浮かぶ周囲9.5kmの島で、人口約200人。白亜の灯台がシンボルです。6月には島の固有種・イシマササユリが優雅な花を咲かせます。周囲には無数の荒磯があり、グレやチヌなどの磯釣りが楽しめます。伊島は、上空から見た島の形が「い」という字に似ていることから、この名前がついたとか。のんびりとした時間を過ごしに出かけませんか。 アクセスは、JR牟岐線「阿波橘駅」から徒歩5分の答島より、伊島行きの連絡船が1日3便運航されています。
お問合せ:伊島連絡交通事業有限会社 TEL:0884-33-1271

ページトップへ戻る

コラム

あなん丼

阿南の新名物「あなん丼」には、「あなん丼」と「創作あなん丼」があります。「あなん丼」は日本有数の漁獲高をほこる阿南市の鱧を使った丼!天ぷら、カツ、唐揚げ、蒲焼きなど、各店独特の「あなん丼」が誕生しています。「創作あなん丼」は、ちりめんじゃこ、しいたけ、たけのこ等、阿南でとれた食材をふんだんに使ったもの。どちらも阿南の食の魅力がたっぷり味わえます!

「あなん丼」が食べられる店(阿南市観光協会)

野球のまち阿南 野球観光ツアー

「阿南に行けば面白い野球ができる」と評判の野球観光ツアー。単独チームで訪れても地元チームとの対戦をセッティングしてくれ、審判員などサポート体制も充実しています。うぐいす嬢に「バッター、○○君」というふうに呼ばれ、自分たちの名前がスコアボードに表示されるのは大好評の様子。山に囲まれたスタジアムで伸び伸びとプレーを楽しみ、プロ野球選手の気分を味わいませんか♪
お問合せ:阿南市野球のまち推進課 TEL:0884-22-1297

ページトップへ戻る

黒潮かおる・牟岐町

牟岐町は森林と海岸に囲まれた自然豊かな町で、さまざまな海の生き物たちを鑑賞することができます。「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」、「日本の楽園100選」に選ばれた“手羽島”は、アート展でも話題になったレトロアイランド。

出羽島(てばじま)

 

出羽島(てばじま)

 

出羽島は、牟岐港から南3.27kmの沖合に浮かぶ、周囲4kmのとても小さな島。黒潮の影響で年平均17℃を越え、きわめて温暖な島の気候によって、真冬に「エンドウ」の花が咲き、「ハイビスカス」や「ハマユウ」などの亜熱帯植物も多く自生しています。出羽島燈台からの眺望は雄大で、東に紀州、西に室戸、南に太平洋、北に四国山脈がパノラマとなって一望できます。古くは「手波(テハ)」「出波(デハ)」とも呼ばれていました。

出羽島の町並み

 

出羽島の町並み

 

風による被害を避けるため民家の軒高は低く、いぶし瓦の屋根と一様にそろった軒先の連なりが、とても印象的です。明治初期の建物も多く、これだけまとまった漁村集落が残存する例は、大変珍しいといわれています。また“ミセ”と呼ばれる折りたたみ式の板戸(雨戸)が、上ミセと下ミセに分かれて付いています。下ミセは縁台や漁具の手入れをする作業場として日常的に使われています。(下ミセのみもあります。)

てくてくと歩く「手羽島遊歩道」

 

てくてくと歩く「手羽島遊歩道」

 

遊歩道は立派なハイキングコースで、全島を巡っています。レトロな街並みは、まるで”昭和への時間旅行”です。広々とした海沿いを爽快に歩いてみませんか。観光遊歩道中央コースでは、船着場から標高76.6mの山頂にある灯台まで1km。この「出羽島灯台」は38km先まで光が届きます。

牟岐町と出羽島を結ぶ連絡船「大生丸(おいけ)」

 

牟岐町と出羽島を結ぶ連絡船「大生丸(おいけまる)」

 

牟岐港から出羽島港までは約3.7km。今では連絡船で約15分ですが、大正末期頃までは、櫓こぎ船の郵便船が、一日で一往復していました。船をこぐ人たちは大変だったでしょうね。
出羽島連絡事業有限会社 TEL:0884-72-2360

出羽島連絡船時刻表

大島・津島

 

大島・津島

 

大勢の磯釣りファンで賑わう大島・津島は、四季を通じて楽しめる釣りのメッカとなっています。黒潮が流れる牟岐沖に生息する魚類は実に豊富です。イシダイ、グレ、アイ、ハマチ、カツオ、イサキ、タイなど。
徳島県観光磯釣渡船協同組合:0884-72-1313 
磯釣情報:0884-72-1212

ページトップへ戻る

コラム

超エコ!自動車のない島

島には、今もほとんど自動車がありません。そのため、歩行者用の「みち」しかなく、物資の運搬にはネコ車と呼ばれる手押し車が欠かせません。昔、女性にとって重労働だった、共同井戸からの水汲みに大変役立ったといわれます。

島唯一の宿泊施設『出羽島ゲストハウス』

体験型民泊として島唯一の宿泊施設『出羽島ゲストハウス・シャンティシャンティ』がオープンしました!港釣り、遊覧、魚料理体験、島散策、シュノーケリングなどの体験ができます。予約は3日前までに。
お問合せ:出羽島ゲストハウス(西)TEL:090-7574-7879

出羽島の手作りオシャレかばん

密かに人気を集めている「出羽島帆布工房」の手作りかばん。しっかりとした帆布の生地で作られた、工房オリジナルかばんは、どれも丈夫でオシャレ。サイズもデザインも豊富で注目を集めています。
お問合せ:出羽島帆布工房(佐々木)
TEL:090-6248-9666

牟岐グルメいろいろ

島そうめん、うつぼのみぞれ煮、押し寿司などの郷土料理や、アオリイカ黒焼そば、いかカツバーガー、南阿波丼などの話題のご当地グルメも豊富です。ぜひ一度ご賞味あれ!

ページトップへ戻る

うみがめのふるさと・美波町

歴史やカルチャーが色濃く残るまち美波町。まちのシンボルのうみがめに関する博物館もあり、関連グッズも豊富でお土産を選ぶのにも迷ってしまいそう。

大浜海岸

 

大浜海岸

 

ウミガメの産卵地として広く知られています。毎年5月中旬~8月中旬にかけて産卵のためアカウミガメが訪れます。1967年には国の天然記念物に指定され、1996年には「日本の渚百選」にも選ばれるほどの景勝地です。NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』ではヒロイン波美の結婚式が行われました。

日和佐うみがめ博物館カレッタ

 

日和佐うみがめ博物館カレッタ

 

実際に泳ぐカメを見ながら、カメについて楽しく学べます。世界のウミガメ展示や、子ガメ水槽、カメの進化史年表、屋外飼育プール、うみがめ公衆電話など、見どころがたくさん!博物館の展望コーナーから一望できる大浜海岸などには、毎年6月~8月にかけてアカウミガメが上陸し、産卵します。運がよければ感動的なシーンに立ちあうことができるかも?

日和佐うみがめ博物館カレッタ

千羽海崖

 

千羽海崖

 

日和佐城から始まる遊歩道や、南阿波サンラインから見ることのできる千羽海崖は、断層と侵食でできた約2kmの延長をもつ国内屈指の垂直絶壁です。特にこの崖の中でも一番高い千羽が岳付近は、約250mの高さから海まで一気に落ち込み、近くで見ると迫力満点!シーカヤックからの眺めもおすすめ。

うみがめマリンクルーズ

 

うみがめマリンクルーズ

 

漁師さんが操縦する漁船に乗って日和佐港を出港し、通り岩や千羽海崖、巨大な洞穴・恵比須洞を巡る約13㎞・約40分のクルージング。ご乗船のお客様限定で、漁師めしをお楽しみいただくこともできます。

日和佐漁業者会

TEL:0884-77-1730

日和佐城

 

日和佐城

 

土佐の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の侵入を防ぐため、日和佐肥前守(ひぜんのかみ)が標高70mの城山に塁跡として築かれたとされていますが、1585年蜂須賀家政が阿波に入国した際に廃城。昭和59年9月に天守閣として復元されました。現在は無料開放されており、展望をお楽しみいただけます。

薬王寺

 

薬王寺

 

四国霊場23番札所。一円玉を置いていく厄橋があり、本堂に着けば後向き薬師もおられます。ラジウム入の霊水が湧き出ている肺大使など、まだまだ知られていない見どころが沢山あります。

田井ノ浜海水浴場

 

田井ノ浜海水浴場

 

田井ノ浜海水浴場は1.5kmの美しい砂浜で、遠浅で安全なため子ども連れのご家族に人気の海水浴場です。海開きに合わせてJR田井ノ浜臨時駅も開設されます。

ページトップへ戻る

コラム

観光ボランティアガイド

自然と人情のあふれる美波町の散策コースを無料で案内してくれます。大浜を中心とする「のんびりウミガメコース」と、厄除けの根本道場として有名なお寺の「たっぷり薬王寺コース」や、「あわえ(狭い路地)、街並みコース」、「えびす洞」、「日和佐城」など、お客さまのご要望に応じてご案内します。当日受付もOK!

お問い合わせ:観光ボランティア会 日和佐

TEL:0884-77-0768

道の駅 日和佐

道の駅 日和佐

道の駅 日和佐 地元で採れた野菜や魚、郷土料理などを扱う産直館、Tシャツから銘菓まで土産品が揃う物産館、お遍路さんやドライバーの疲れを癒す足湯、と幅広い設備が揃っています。

南阿波サンライン

南阿波サンライン

日和佐地区と牟岐町を結ぶ延長18kmの太平洋の眺めが素晴らしいドライブウェイ。展望地から千羽海崖の一部を見ることができます。週末や連休になると、バイクや車でツーリングを楽しむ人々がたくさん訪れます。海、山、川が接近しており、大自然を満喫できます。お猿さんに遭遇する事も。

ぽっぽマリン(ぽっぽ物産館)

JR由岐駅で楽しめる物産館。ふれあい水槽では魚に触れることができ、小さなお子様に大人気です。また、特産品売り場では展示物もしています。2階には阿波沖海戦や田井遺跡の資料を展示しており、歴史にふれる事もできます。

ページトップへ戻る

徳島最南端のまち・海陽町

海陽町は、緑豊かな山々を水源とし、海部川などが太平洋に流れ込む地です。青く美しい入り江や岬が自慢。サンゴの群生や熱帯魚が舞う竹ヶ島は、観光船、シーカヤック体験等、みどころいっぱい!

竹ヶ島海中公園

 

竹ヶ島海中公園

 

点在する島々をぬって輝く海中は、室戸阿南国定公園の中でも南国的海岸美を誇る代表的景勝地です。橋でつながった島でマグロ漁の基地としても有名。その沖にはハナサンゴ、シコロサンゴ、キクメイシなど21種類もの珊瑚と、コバルトスズメ、クマノミ、ピングシなどのカラフルな熱帯魚が海を彩っています。

 

海中観光船ブルーマリン

 

約45分で「竹ヶ島」を1周する海中観光船です。デッキからは一面に広がる景色と黒潮の香りを楽しめ、船底の大きなガラス窓からh、美しいサンゴや熱帯魚を間近でたっぷり見ることができます。まるで海中を散歩しているような気分になれるかも。

海中観光船 ブルーマリン&竹ヶ島シーカヤック

マリンレジャーいろいろ

 

マリンレジャーいろいろ

 

長年の波濤によってできた奇岩や美しい小島が浮かぶ景色に出会えるシーカヤックや、サンゴや熱帯魚を観察できるスキューバダイビングにシュノーケリングで、竹ヶ島海中公園を満喫♪ 海部川河口のカイフポイントは、サーフィンのメッカとして全国各地から多くのサーファーが集まる名所です。

水床湾

 

水床湾

 

南海の宝石ともいわれる水床(みとこ)湾。水床を”すいしょう(水晶)”と呼びたくなるくらい透明度の高い美しい海です。変化に富んだリアス式海岸には、烏帽子岩、座頭岩、かぶり岩などの奇岩が浮かび、絵のような風景が広がります。

ページトップへ戻る

コラム

道の駅「宍喰温泉」

道の駅「宍喰温泉」

国道55号線沿いというアクセス抜群の場所にありながら、目の前は波音も豪快な太平洋という道の駅。この大手海岸は波乗りの絶好ポイントでもあり、サーファー達の姿も多く見られます。おみやげコーナー、レストラン、情報コーナー、観光案内所があります。毎週日曜日には朝市も開催されます。

まぜのおかオートキャンプ場

浅川湾を見下ろす高台に位置する、四国有数の高規格オートキャンプ場。コテージ、区画キャンプサイト、フリーサイトなど宿泊施設に加えバーベキューハウス、体育館、ジャグジーなど日帰りで楽しめる施設やレンタル用品も充実しています。広さは7haと広大で各サイトは100~120m2のサイズがあり、個人及び大人数でのゆったりキャンプが楽しめます。

ページトップへ戻る