ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

那賀町

<外部リンク> メールを送る印刷

川口ダム湖周辺

川口ダム湖周辺

那賀町の川口ダム湖周辺地域は「川口ダム自然エネルギーミュージアム」を核にして「スマート回廊」と名付けられ美術館や、もみじ川温泉、農産物直売所、あいあいらんど、あすなろカフェなど魅力的な施設が揃っています。とくしま・なかカヌーセンターではカヌーが体験できます。

また、周辺では桜や紫陽花など四季折々の風景が楽しめる美しいダム湖です。

【お問合せ】那賀町観光協会 TEL:0884-62-1198

川口ダム湖周辺川口ダム湖畔の桜

太龍寺ロープウェイ

太龍寺ロープウェイ太龍寺ロープウェイは、那賀町の鷲の里駅(道の駅鷲の里に併設)から、阿南市の太龍寺駅を結ぶ四国ケーブルのロープウェイ路線で、全長2,775メートル、西日本で最長、山・川越えを行う珍しいロープウェイです。太龍寺は、那賀町の東北にそびえる海抜600mの太龍寺山の山頂近くにあり、古来より「西の高野」と呼ばれています。境内には、さまざまな高山植物が自生し、春はシャクナゲ、夏はアジサイ、秋はモミジ、冬はツバキと四季を通じて訪れる人々の心を和ませてくれます。

【お問合せ】道の駅 鷲の里 TEL:0884-62-3109

大轟の滝

大轟の滝

出合から国道193号を車で1分。20メートルの落差から豪快勇壮に流れ落ちます。

【お問合せ】
那賀町役場木沢支所 TEL:0884-65-2111

 

 

 

大釜の滝

大釜の滝

国道193号から徒歩約5分。水量も多く、滝壺も大きい。落差20メートルから豪快に流れ落ちます。

【お問合せ】
那賀町役場木沢支所 TEL:0884-65-2111

 

 

 

 

 

 

 

次郎笈

次郎笈

剣山の山頂から南西方面にある山で、剣山と変わらない高さと大きさの立派な山容を横たえています。

剣山は別名「太郎笈」とも呼ばれ、太郎・次郎の兄弟峰でもあります。山頂は360度の展望が広がります。

【お問合せ】
那賀町役場木沢支所 TEL:0884-65-2111

 

 

 

木頭杉一本乗り

木頭杉一本乗り昭和30年代までは、木頭杉の搬出手段として、丸太に乗り、トビザオ1本で木材を流す「ひようさん」の姿が見られ、流送が陸送にかわるまでは那賀川の風物詩でした。この伝統芸「1本乗り」を昭和38年、昭和41年に往事を偲ぶ者が集い、復活を試みましたが、責任者となる者もなく、そのまま立ち消えの形となっていました。そのうち、管流に従事した人も減少し、このまま消滅かと思われていましたが、村おこし運動の一つとして、本格的に一本乗り大会を復活させようと、一本乗りを保存伝承するとともに一本乗り大会を夏の一大イベントとすることになり現在に至ります。

【お問合せ】那賀町役場木頭支所 TEL:0884-68-2311

相生けいとう

相生けいとう

「相生けいとう」は那賀町特産の花です。

けいとうは、花の栽培が難しい夏に安定して生産でき、また日持ちすることから仏花用[7月(新盆)8月(旧盆)9月(彼岸)]に欠かせない花の代表となっています。

【お問合せ】
那賀町観光協会 TEL:0884-62-1198

 

 

あいあいらんどのあじさい

あいあいらんどのあじさい淡い紫の花「青勝」を中心に、園内には約1万株が各所に植えられています。中でもせせらぎの流れる谷に約4千株が花をつける「あじさい園」は絶好の散策コースとなっています。

【お問合せ】
相生森林文化公園あいあいらんど
TEL:0884-62-3116

 

 

 

拝宮農村舞台

拝宮農村舞台

江戸時代後期の建築と推定される県内で最も古い舞台のひとつで、平成3年6月に旧上那賀町の有形民俗文化財に指定。渓流や巨木に囲まれた神々しい雰囲気の中に静かに佇んでいます。

【お問合せ】
那賀町教育委員会 TEL:0884-62-1106

 

 

 

八面農村舞台

八面農村舞台1919年に建築されたもので、間口約15メートル、奥行き約9メートルと、現存する徳島県内の農村舞台の中で最大規模です。

 昭和29年に上演されたのが最後といわれていましたが、近年、地元の青年団らで結成された「丹生谷清流座」などの人形座が復活公演をし、再び賑わいをみせています。

【お問合せ】那賀町教育委員会 TEL:0884-62-1106

南部エリア
西部エリア