ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> モデルコース > 徳島の文化や自然を満喫!公共交通でめぐる東部コース

徳島の文化や自然を満喫!公共交通でめぐる東部コース

<外部リンク> メールを送る印刷

東部モデルコース

公共交通機関で、気軽に東部を周遊できる1泊2日コースをご紹介します。

1日目

JR徳島駅

徒歩アイコン
徒歩で10分

あわぎん眉山ロープウェイ

あわぎん眉山ロープウェイ

徳島市のシンボル「眉山」標高290mを約6分間で登るロープウェイで小旅行をお楽しみください。

所在地:徳島市新町橋2-20
電話番号:088-652-3617

あわぎん眉山ロープウェイ

眉山

眉山

古くから徳島を代表する景勝地として知られる山。山頂展望台から徳島市街地を一望することができます。ロープウェイは21時まで運行しており、幻想的な夜景も楽しめます。

所在地:徳島市眉山町
電話番号:088-621-5232(徳島市観光課)
眉山

阿波おどり会館

阿波おどり会館

世界に誇る徳島の阿波おどりが年間を通して楽しめる施設です。1番の目玉は阿波おどりホールです。ここでは、専属連の阿波おどりを堪能し、その後一緒に踊ることができます。
また、阿波おどりの歴史が楽しみながら学べる阿波おどりミュージアムや、徳島のお土産が揃う徳島県立物産観光交流プラザもあります。
所在地:徳島市新町橋2-20
電話番号:088-611-1611

【このコースでの目安 上演時間11:00~11:40】

阿波おどり会館

罫線

徒歩アイコン
徒歩10分

とくしまラーメン

とくしまラーメン

徳島ラーメンは、茶系・黄系・白系の3種類のスープや、甘辛く味付けされた豚バラ肉と生卵をトッピングすることが特徴のご当地グルメ。徳島市内には徳島ラーメンを味わえる店が集まっていて、ランチに最適です。

徳島ラーメン

罫線

JR徳島駅

バスアイコン
バスで20分【このコースの目安 徳島市営バス川内循環左回りルート
      平日 13:00発→13:22着・土日祝 13:30発→13:52着】
       参照元:徳島市営バス 川内循環時刻表<外部リンク>

阿波十郎兵衛屋敷

阿波十郎兵衛屋敷

人形浄瑠璃芝居「傾城阿波の鳴門」のモデルとなった板東十郎兵衛の屋敷跡で、国の重要無形民俗文化財「阿波人形浄瑠璃」を毎日上演しています。
展示室には人形浄瑠璃に使用される阿波木偶や道具が展示されています。

所在地:徳島市川内町宮島本浦184
電話番号:088-665-2202


【このコースでの目安 上演時間14:00~14:30】

阿波十郎兵衛屋敷

罫線

バスアイコン
バスで20分【このコースの目安 徳島市営バス川内循環右回りルート 15:05発→15:21着】
参照元:徳島市営バス 川内循環時刻表<外部リンク>

JR徳島駅

徒歩アイコン
徒歩10分

ひょうたん島クルーズ

ひょうたん島クルーズ

大小138もの河川が流れていることから、水の都と称される徳島市。市内中心部を流れる新町川と、背後に眉山を望む助任川を約30分かけてクルージングする「ひょうたん島クルーズ」では、優雅に水上から徳島市内の景観が楽しめます。

所在地:徳島市新町川周辺
電話番号:090-3783-2084(新町川を守る会)
ひょうたん島クルーズ

JR徳島駅

電車アイコン
JR鳴門線で40分【このコースの目安 16:31発→17:11着】
参照元:JR四国 徳島駅時刻表<外部リンク>

JR鳴門駅

バスアイコン
バスで20分【このコースの目安 徳島バス鳴門公園線 17:40発→18:00着】
参照元:徳島バス 鳴門公園線<外部リンク>

鳴門公園(宿泊)

2日目

渦の道

渦の道
本州四国連絡橋の大鳴門橋の橋桁スペースを利用して、450mの遊歩道と渦潮展望室を設置した観潮施設。渦潮と大鳴門橋の体験見学ができる。鳴門公園には、大鳴門橋や渦潮が見渡せる展望台や数多くの景勝地・大鳴門橋架橋記念館エディ・大塚国際美術館・エスカヒル鳴門・観潮船などがあります遊歩道を利用して観光スポット巡りを楽しんで頂けます。

所在地:鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65
電話番号:088-683-6262

徳島県立渦の道

罫線

徒歩アイコン
徒歩で15分

大塚国際美術館

大塚国際美術館

26カ国、190余りの世界中の美術館に所蔵されている名画を陶板で原寸大に再現。古代遺跡や礼拝堂などの壁画を環境空間ごとに再現した環境展示は臨場感抜群! 鑑賞ルートが全長約4kmもある巨大美術館なので、ゆっくり鑑賞したい人は時間に余裕を持って訪れましょう。

所在地:鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
電話番号:088-687-3737
大塚国際美術館

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)