徳島の伝説

徳島につたわる伝説

とくしまに伝わる伝説

徳島には歴史ロマンに彩られた数多くの伝説が残っています。
祖谷地方に伝わるに「平家落人伝説」が最もよく知られていますが、その他にも、ソロモンの秘宝伝説、阿波古事記伝説、邪馬台国=阿波説といった歴史を覆すほどのほどのものから、「阿波の狸合戦」に代表される阿波狸伝説のような民話まで、様々な伝説が残されています。
一般には知られていない歴史が散りばめられた阿波の伝説を探してみませんか。

歴史を動かす阿波の伝説トップ3

歴史を動かす阿波の伝説

その1 剣山には古代イスラエルの秘宝が眠る!?
~ソロモン「アーク」伝説~

 

剣山にまつわる伝説は種々ありますが、その1つがソロモンの秘宝「アーク」伝説です。
古代イスラエル人が剣山のどこかに秘宝「アーク」を隠し、現在も眠っているということが、歴史ファンの間でまことしやかに語られています。
これは単なる噂話にとどまらず、特にイスラエルと日本の関係については、前駐日イスラエル大使であったエリ・コーヘン氏も、実際に美馬市の神社などに訪れ、その類似性を語っています。
剣山とイスラエルという、全く予想外の組み合わせ。
お越しになられた際は、ぜひその伝説も合わせてご体感くださいね。

関連施設

倭大國魂神社:美馬市美馬町字東宮ノ上

この地を訪れたイスラエル大使エリ・コーヘン氏は、神社の神紋を「メノラー」とよく似ていると語ったそうです。
また、國玉神社は全国各地にあるのですが、「倭」が付くのは全国でもここだけとのこと。
ぜひ実際に訪れて、この謎をご覧ください!

 

磐境神明神社:美馬市穴吹町口山字宮内

こちらも、イスラエル大使エリ・コーヘン氏が訪れた場所です。
南北約7m、東西約22m、長方形状に石が積み上げられた祠で、全国でもまれにみる特異な形状となっています。
大使は、その形や大きさを見て、ユダヤの礼拝所と同じ造りであることに驚愕し、近辺に「アーク」もあるはずだと語ったそうです。
知るほどに謎が深まる当地をぜひご自身の目でご覧ください!

densetsu03.png

その2 日本の歴史の始まりは徳島からだった!?
~阿波古事記伝説~

 

古事記は、712年に編纂された、古代の神話や伝説が収録された日本最古の歴史書ですが、2012年は1300年の節目であったことから、日本各地で盛り上がりましたね。
実はこの古事記についても徳島がその舞台であったとする説があるんです。
全国でも例がないイザナミを社名とする伊射奈美神社(いざなみじんじや)が美馬市にあることや、同じく美馬市には阿波忌部(いんべ)氏の直系である三木家が存在し、現在も天皇陛下が御即位後に初めて行う大嘗祭に「麁服(あらたえ)」を献上しており、また、神山町やつるぎ町には天岩戸伝説にまつわる神社があるなど、その由縁は数多くあります。
まだまだ謎の多い古事記ですが、阿波・徳島との繋がりを探してみませんか♪

関連施設

伊射奈美神社:美馬市穴吹町三島字舞中島52
伊射奈美神社:美馬市美馬町字中島589

イザナギを社名とする式内社は、淡路伊佐奈伎神社をはじめとして7社ありますが、イザナギと対になるイザナミを社名とする式内社は美馬市にある2社のみです。イザナギ神社にはイザナミも併せて祀られることも多かったと考えられますが、あえて女神のイザナミを社名とする伊射奈美神社は、特殊な意味をもつものかもしれません。

 

三木家住宅:美馬市木屋平字貢

三木氏は、阿波忌部氏の直系としての忌部(いんべ)氏で、忌部姓がその本姓です。
上古以来歴代の践祚大嘗祭に、御衣御殿人 (みぞみあらかんど)として,麁服(あらたえ)を貢進して朝廷と深い繋がりを持っており、現在も28代目にあたる子孫が家を守っています。
なお、隣接する三木家資料館では、麁服(あらたえ)作成に使用した一連の資料が展示されています。

邪馬台国の舞台までもが徳島だった!?

その3 邪馬台国の舞台は徳島だった!?
~邪馬台国徳島説~

 

邪馬台国といえば、畿内説、九州説、出雲説などが多く上げられますが、これも実は阿波であったとする説があるんです。
これは徳島に、他地域にはない神社が数多くあることに由来し、邪馬台国の女王・卑弥呼の居城といわれている神山町の「高根悲願寺」や、また同じ卑弥呼の古墳とも推測されている徳島市の阿波史跡公園内にある「天石門別八倉比賣神社」などがあたります。
邪馬台国は阿波・徳島にあった!?かもしれませんね♪
ぜひ、その断片を見つけに徳島においでください!

関連施設

天石門別八倉比賣神社:徳島市国府町矢野字宮谷531

正一位式内名神大社として阿波国で最も神格の高い神社です。御祭神は大日女(おおひるめ)命で、これは天照大神の別称とされています。
なお、奥の院には、青石で築かれた五角形の祭壇があり、卑弥呼の墓と言われています。

 

高根悲願寺:名西郡神山町神領字谷

標高700mの山頂にあり、卑弥呼伝説を今に伝えるお寺です。
阿波邪馬台国の中心地とされており、境内にそびえる常夜塔が特に目を引きます。
なお、常夜塔とは燈台のことで、正面上部には古代中国の文字も記されています。

阿波の狸伝説

狸伝説に溢れた徳島県

狸伝説に溢れた徳島県

徳島には数多くの狸の伝説が残されています。中でも、「阿波の狸合戦」はとても有名なお話ですが、それ以外にも狸に化かされたり、恩返しされたり、復讐されたりといった数多くの逸話があります。 このことは「わからないことは狸のせいにする」という徳島ならではの文化であり、 また突然の病など不合理なことを説明する際の一種の安心装置にもなっていました。

阿波の狸合戦

阿波の狸合戦

徳島に伝わる有名な逸話で、徳島市津田の「六衛門狸」と、小松島市の「金長狸」による合戦物語です。三日三晩続いたといわれる戦いは、多くの狸の犠牲を出し、最終的に「金長」が勝ったものの、「六衛門」との戦いで負った傷がもとで「金長」も命を失う事になりました。この戦いで金長は、正一位を授かり、今も小松島市中田町では大切に「金長大明神」として祭られています。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

世界一の狸の銅像

世界一の狸の銅像

小松島市にある小松島ステーションパークには、高さ5m、重さ5tの世界一大きい狸の銅像があります。銅像の前で手を叩くと、とても面白いことが起こるのですが…実際に訪れてお確かめください♪

bottom2-midokoro.png

コラム

阿波の献上料理~大嘗祭神饌の復活~

阿波の献上料理~大嘗祭神饌の復活~

徳島市内の4ホテルが合同で提供している料理です。
奈良時代(約1300年前)から、大嘗祭の度ごとに阿波国から貢進されてきた天都御膳(あまつみけ)、長乃御膳(なかのみけ)を再現しています。
※提供ホテル
徳島グランドホテル偕楽園 TEL:088-623-3333
ホテルサンシャイン徳島 TEL:088-622-2333
ホテル白水園 TEL:088-622-9165
阿波観光ホテル TEL:088-622-5161

蒲生田岬は「稲羽の素兎」の舞台だった?

蒲生田岬は「因幡の白兎」の舞台だった!?

古事記の中でも有名な「稲羽の素兎」物語。 心優しい大国主命が、兎に治療を施してあげるといったお話ですが、実は「稲羽の素兎」の舞台は蒲生田岬と伊島であったとする説があります。 これは、蒲生田という地名が、大国主神がうさぎに「真水で体を洗い“蒲(ガマ)”の花粉の上で寝転がるといい」と言ったことや、蒲生田岬と伊島の間には岩礁が多くあり、沖合に現れる白波がうさぎに見える「波うさぎ」という現象があることなどに由来します。また、蒲生田岬のすぐ側には、うさぎの彫り物が美しい賀立神社もあります。

あなたはたどり着けるか?4つの超ディープスポット!

あなたはたどり着けるか!?4つの超ディープスポット!!

謎に満ちあふれた4つのスポットを紹介します。その謎は…あなた自身でお確かめください!

1.立岩神社(男岩) 徳島市多家良町
2.立岩神社(女岩) 神山町鬼籠野
3.天岩戸別神社  佐那河内村上
4.天磐戸神社    つるぎ町一宇

ページトップへ戻る