阿波の名水

徳島は隠れた名水どころ

徳島は隠れたどころ

実は徳島は知る人ぞ知る名水どころ
特に有名なのが、徳島市中心部で、市のシンボル「眉山」からわき出る、眉山湧水群。 また、県全域でも、四国一の清流となっている「穴吹川」をはじめ、四国三郎「吉野川」、「鮎喰川」、「那賀川」といった大河に、知られざる清流「海部川」など 、日本有数の河川が数多くあり、まさに徳島全てが美味しい水の宝庫といえます。
徳島で受け継がれてきた、大自然の恵美「阿波の名水」を、ぜひともご体感ください。

眉山湧水群

徳島市の眉山山麓から湧き出るの湧水群のことで、街の中心部にこのような湧水群があるのは非常に珍しいことです。
水質も非常に良好で、地元の人から遠く県外の人まで、様々な方々に愛飲されています。

鳳翔水

 

鳳翔水

 

徳島市東山手町にある「瑞厳寺」内に湧く湧水
成分としては、眉山湧水群の中で最も硬度が高く、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルを特に多く含んでいます。
お寺は、眉山を借景とした名庭園としても知られており、庭園を少し登った先にある湧水源は、圧巻の眺めです。

錦竜水

錦竜水

 

徳島市寺町にあり、眉山湧水群の中でも最も有名な名水です。
成分としては、比較的硬度高く、ミネラルを豊富に含む天然のアルカリイオン水です。
江戸時代には、徳島藩主である蜂須賀家御用達の名水として知られ、現在も取水する人が途切れることのない人気のスポットです。
この錦竜水は、銘菓・滝の焼餅や、お酒の製造にも利用されており、その水質の高さに定評があります。

桐の水

 

桐の水

 

徳島市の西部公園内から湧き出る湧水
眉山湧水群の中で、最も高い位置に水源があり、成分はミネラルの中でもマグネシウムを多く含みます。
由来として、江戸時代、徳島藩主である蜂須賀候がお茶の湯に利用した名水で、一度は枯れていましたが、平成元年に復活しました。

ページトップへ戻る

東部の名水

宝寿水

宝寿水

小松島市の地蔵寺から湧き出る湧水
小松島はフルから天然の地下水に恵まれ、古来から井戸がたくさんありました。
宝寿水は、かつての徳島藩主であった蜂須賀公が賞賛したと伝えられており、現在も多くの人々に愛飲されています。

のぞみの泉

のぞみの泉

JR南小松島駅前にある湧き水
駅前という立地の良さと水質の良さから、今でも多くの方々に愛されております。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

天狗の湧水

「おこうつさん」の名で親しまれる高越山から湧き出る名水
その水質の良さから、休日には順番待ちの行列ができるほどの人気です。 名前の由来は、大昔、大天狗が住んでいたという伝説からきております。

江川の湧水

江川の湧水

環境省選定全国名水百選。年中。清澄な水が湧出し、その水温が夏季は10℃に下がり、冬季は20℃に上昇する異常水温の湧水である。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

柳の水

柳の水

四国霊場第11番札所「藤井寺」と、12番札所「焼山寺」を結ぶへんろ道の、中間地点ほどにある番外札所「柳水庵」内にある湧水 空海が柳の杖で岩をついて出た水と伝えられ、険しい山中にありますが、長年歩き遍路の喉を潤してきた隠れた名水で、今も多くの方々がこの水を求めて訪れます。

高根悲願寺の名水

日本の滝100選である「雨乞の滝」をさらに登った先にある「高根悲願寺」にある名水 非常にキレイな軟水で、訪れた人を癒してくれる優しい味わいです。 「高根悲願寺」は邪馬台国の女王「卑弥呼」の居城があったとも伝えられており、歴史ファンも多数訪れます。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

ふる里の泉

ふる里の泉

いろどり葉っぱビジネスなどで有名な上勝町にある名水 地元の人たちによって、キレイに手入れされており、遠方からも数多くの方が訪れてきます。

天上の泉

上勝町の市宇地区にある湧水 周囲の棚田とあいまった風景は圧巻です、まさに天上の楽園と呼ぶにふさわしい場所にあります。 水質も極上で、まさに隠れた名水スポットです。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

ページトップへ戻る

南部の名水

歩危峡の湧水

徳島県那賀町木頭の国道195号線沿いに広がる「歩危峡」にある湧水。
極めて良い水質に加え、水量が非常に豊富なため、遠方からも多くの人々が訪れます。

瑠璃の水

四国霊場第23番札所「薬王寺」に湧き出る隠れた名水。
境内にある手水なども全て同一の水源であり、薬王寺の随所に湧いています。
名前の由来は、「瑠璃光如来=(薬師如来)」にちなんでいます。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

満石権現の水

美波町木岐の「満石神社」内にある名水。
海岸のすぐ近くにありながら、真水であるというと不思議なところ。
満石神社は別名「イボ」神様として知られ、皮膚病やイボ取り、病気回復に効果があると言われています。

bottom2-midokoro.png

ページトップへ戻る

西部の名水

児啼爺の水

児啼爺の水

三好市山城地区にある名水
山城地区は、数多くの妖怪伝説が残された場所で、漫画「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターである児啼爺のモチーフにもなっています。
取水口のすぐ隣には、その児啼爺の石像も立てられており、休日ともなると、石像見物のお客さんと、名水を求めて訪れるお客さんで賑わいます。

土釜の岩清水

土釜の岩清水

つるぎ町貞光の名所「土釜」のほど近くにある名水
ミネラルを多く含んだ岩盤から湧き出ており、県内でも有数の硬度を誇ります。
その水質は広く知られており、休日には県外からも、この水を目当てに数多くの人が訪れます。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

竜ヶ岳の名水

竜ヶ岳の名水

紅葉の名所としても知られている「竜ヶ岳」にある名水。
ミネラルが極めて少ないアルカリ性の軟水で、水量が非常に豊富です。
休みの日には行列ができるほどの人気スポットですが、剣山系の山々が織りなす景観と、その水質はわざわざ訪れる価値があります。

剣山御神水

剣山の山頂近くに位置する大剣神社の御神体・御塔石の下から湧出する御神水。古くから病気を癒す若返りの水といわれています。
祖谷川の源流であり、ミネラル分を多く含んでいます。水量は少ないが常に湧きでており、名水百選の一つにも選ばれています。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

ページトップへ戻る