キレイのさと 美郷

美郷は豊かさを実感するところ。

tl-misato1.png

美郷は吉野川から少し入った静かな里山で、梅の花、高開の石積み、シバザクラ、国指定の天然記念物・ホタル・・・など美しい自然が自慢です。その他にも、数々の恵みを与えてくれる美郷の川は、ホタルや鳥、その他の生き物の観察や、魚釣り、川遊びが楽しめる場所。この田舎の原風景を見ているだけでも、ほのぼのした気持ちにさせてくれます。また、美郷の住人たちが案内する「美郷アレ★コレ」では、美郷の自然、暮らし、食、人の体験を楽しめます。全国初の梅酒特区でもある美郷は、梅干しやスダチを生産して全国に出荷しており、ウメ、スダチ、ユズ、ソバなど、いつ訪れても旬の色と香りが谷間を包んでいます。

吉野川市商工会

美郷の四季

どの季節も魅力がいっぱいの美郷。2月~3月になると梅の花が里山を覆います。・3月半ばになるとウグイスがあちこちで春の到来を告げ始め、高開の石積みは桃色のシバザクラで彩られます。夏の夜はホタルが乱舞し、秋には美郷自慢の梅酒まつりが開催されます。冬には、高開の石積みがライトアップされ、小雪舞う静けさに満たされます。そんな自然の中で、梅やスダチを中心にユズ、茶、そば、野菜が作られています。美郷の自然の中で、私たちと一緒に山菜を摘んだり、そばを打ったり、紅葉の中を歩いたり。心とからだを緩めて、あなたの「キレイ」を見つけに、美郷に来ませんか。

新春、梅の里

新春、梅の里

 

ウメの花は美郷のシンボル。県下有数の梅の産地として知られ、約60haの土地に、約16000本の梅の木が栽培されています。2月下旬の花の時期には、花見のための案内所もでき、「梅の花見ウォーク」や「梅の花まつり」など、様々なイベントが行われます。

春、里を彩る「シバザクラ」

 

美郷では急峻な山の斜面に段々畑や家を守る石積みが発達しました。「高開の石積み」は「にほんの里100選」に選ばれた、日本の山村を代表する伝統的な風景、文化的・歴史的遺産です。その「高開の石積み」にシバザクラが咲く時、濃淡さまざまなピンクにに、白、紫がかった桃色など、シバザクラのレースで飾られます。

夏、「ホタル」の乱舞

夏、「ホタル」の乱舞

 

吉野川市美郷地区は1970年に地区全域が「美郷のホタル及びその発生地」として国の天然記念物に指定されており、ホタルが飛ぶ流域面積、数、期間とも全国でも有数の地域です。「美郷ほたる祭」期間中は獅子舞や産直ブースのほか、ホタル観察ツアーなども行われます。

秋、ほろよい「梅酒まつり」

 

吉野川市美郷地区は、全国初の「梅酒特区」です♪紅葉に彩られた美郷の自然を散策しながら、愛情こめて造られた梅酒たちを飲み比べられます。美郷でしか味わえない貴重な逸品たちです。それぞれの蔵元が自信をもって皆様にお届けする最高の梅酒をご堪能あれ!

冬、「石積み」この日にしか出会えない風景

冬、「石積み」この日にしか出会えない風景

 

300年以上前から先人の英知により築かれた髙開の石積みは、美郷の生活・文化・歴史の象徴です。凛とした美郷の夜空に浮かび上がる幻想的な石積みの姿は必見。里にぽわぽわと浮かぶ光が、心にも明かりをともしてくれます。第9回ふるさとイベント大賞「文化交流部門」賞を受賞するなど、注目のイベントです。

ページトップへ戻る

美郷をもっと楽しむ

美郷物産館(みさと屋)

美郷物産館(みさと屋)

美郷内の道は少し分かりにくいので、まずは美郷物産館へ立ち寄ってみるのが、おススメ。長いトンネル(山川トンネル)を出てから見えてくる、赤い看板が目印です。道案内とともに、美郷マップや観光ガイドブックが充実しています。美郷の梅を使った特産品の梅干・梅のし・梅エキスなどがズラリ。「日替わり定食」はボリュームたっぷりで人気です。

美郷ほたる館

美郷ほたる館

国の天然記念物にも指定されているホタルに関する資料や書籍、映像などが数多く揃えられています。屋外はホタルの生息地で、5月末~6月頃にはホタルたちの乱舞を見ることができます。また「宝探し探検隊」の活動拠点にもなっており、これまでの調査記録を保存し、新しく発見された宝を館内で展示しています。
TEL:0883‐43‐2888

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

四季芳る 美郷の湯

美郷温泉(ヘルスランド美郷)

かつての鉱山跡地より湧き出る鉱泉を利用した温泉保養施設。美しい自然に触れ、山々に囲まれて湯船に浸かり過ごすひとときで、身も心も温まります。男女大浴場、休憩所、大広間、食堂なども完備。宿泊もできます。とことんリフレッシュしましょう。
 
住所:吉野川市美郷奥丸75 TEL:0883‐43‐2626

美郷青少年キャンプ村ほたるの里

美郷青少年キャンプ村ほたるの里

開設35年の老舗キャンプ場です。老舗といって侮るなかれ、経験が培った様々な工夫が成された極上のキャンプ場です。
住所:吉野川市美郷穴地
TEL:0883‐43‐2525

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

美郷ふれあい公園

国道193号線、美郷の入り口に位置する公園。美郷に自生するウツギをはじめとする花木類によって花の名所造りを目指しています。遊具や芝生広場で思い切り楽しんだあとピクニックなんかもおススメ。

船窪つつじ公園

船窪つつじ公園

美郷から少し離れた山川町にあります。阿波富士とも言われる美しい高越山から奥野々山に通じる峰筋にあります。面積約3haの船底形の窪地に朱赤色のオンツツジを中心に約1,200株が大群生しており、なかには樹齢400年を超えるものや、高さ6mにも及ぶものもあり、一株から20数本の主幹をもつ巨大なオンツツジも多いのが特徴です。国指定の天然記念物。5月中旬~下旬にかけて見頃。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

きのこの里 (マクロビ)

きのこの里 (マクロビ)

農家民宿&レストランの「きのこの里」では、農家レストラン「きのこの里」では、美郷流マクロビオティック料理を食べることができます(要予約)。玄米、畑で採れる季節の野菜、手作りのお豆腐やこんにゃくがメニューの中心です。自家製の干しシイタケと昆布で丁寧にだしを取り、ゆっくり煮込むことで野菜のうまみを引き出しているので、薄味でも驚くほどおいしい。また、タンポポコーヒーづくり、そばや栗を使ったスイーツづくりなどの体験もできます。
【ご予約】お食事は前日午前中までに、体験・宿泊は3日前までに。
住所:吉野川市美郷字田平199-1 TEL:0883-43-2370

木の夢ととり (マクロビ)

木の夢ととり (マクロビ)

体験型農家民宿「木の夢ととり」では、昔ながらの郷土料理(そば米ぞうすい、切干大根やゼンマイなど)や美郷の味、暮らし体験ができます。食事は、畑で採れた季節の新鮮な野菜を使ったカラダにやさしい「お母さんの里山料理」です。また、そば打ちや切干大根づくり、梅干しづくりや椎茸収穫体験など、季節ごとに様々な体験ができます。
【ご予約】お食事は前日午前中までに、体験・宿泊は3日前までに。
住所:吉野川市美郷字田平498 TEL:0883-43-2373 

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

染工房どこも山

染工房どこも山

体験型農家民宿「どこも山」は、四方八方、見渡す限り山々に囲まれていることから、その名がつきました。四季折々の豊かな自然の恵みである自家製野菜をふんだんに使った田舎料理に是非、舌鼓をうってください。また、藍染、草木染、石釜ピザ、うどん、そば、季節の野菜の収穫、しいたけの収穫、タケノコ狩り、川遊び、竹トンボ、ブルーベリー狩り、季節の山道ウォーキング・・・など季節に応じた30種類以上の体験メニューを用意しています!
【ご予約】宿泊前日の午前中までに。
住所:吉野川市美郷字丸山14-2 TEL:0883-43-2970

bottom2-midokoro.png

ページトップへ戻る

コラム

美郷アレ★コレ

「美郷アレ★コレ」のパンフレット、または公式ホームページで、日程と自分の感性にビビっとくる体験メニューを選び、電話で申し込めば、体験予約完了!美郷の楽しさ、驚き、感動を”アレ★コレ”体験できます。
TEL:0883-42-5642

宝さがし探検隊、出動!

宝さがし探検隊、出動!1998年の結成時より、宝の発掘に燃えている「宝さがし探検隊」。宝とは、美郷の暮らしの中で育まれた知恵や技、自然、個性あふれる名人など、美郷の自慢になるものです。あなたも飛び入り隊員となって、宝さがしを体験しませんか?拠点の美郷ほたる館で、活動日程の告知を随時行っています。
美郷ほたる館
TEL:0883-43-2888

マクロビオティック料理

マクロビオティック料理

美郷流マクロビオティック料理は、マクロビオティック料理研究家の中美恵先生による教えを基本に、美郷で採れる季節の野菜や山野草、特産の梅やスダチ、ユズ、そうめんなどを、減塩、減糖(砂糖は甜菜糖などを控えめに使う)で料理したからだに優しい、からだのバランスを整える料理です。美郷で採れる鮎やあまごなどの川魚も少し使います。「きのこの里」、「木の夢ととり」で召し上がれます。(要予約)

ページトップへ戻る