トラベルライター 歩き遍路紀行

トラベルライター 朝比奈千鶴

ディスティネーション(訪問先)の自然や文化を体感することで、旅人が身近なものへのつながりを実感する旅を「ホリスティックトラベル」として提案している。
これまで、国内外の「人びとの暮らし」を取材し、文章や言葉を通して“暮らしの延長線にある旅”を、WEBや新聞、雑誌などに綴っており、CS旅チャンネル「ホリスティックな週末」でのナビゲーター役もつとめた。

1話「さあ行かん、発心道場へ!」

「歩いて何か見つかりましたか?」四国八十八ヶ所霊場徳島一国参り、約160kmを歩き終えてしばらくした頃、歩き遍路を始めた…

続きを読む

2話「遍路ころがしとお遍路用語」

歩いて習得!生きているお遍路用語 遍路ころがし、札所を打つ、一国参り、順打ち、逆打ち、お接待、結願(けちがん)などなど、…

続きを読む

3話「お接待とおせっかい」

前回の話で、遍路用語について書いたが、徳島県を歩いていて他の観光地とずいぶん異なるなと思うのは、土地の人が「お接待」とい…

続きを読む

4話「ダイエットと遍路宿」

歩き続けても痩せない理由 歩き遍路から帰ってきて痩せたか。その答えはNOである。八十八カ所すべて歩くならきっと痩せられたと…

続きを読む

5話「歩き遍路だからわかる道の魅力」

歩いて得られて不思議な感覚 旅としての歩き遍路の魅力は、なんといっても「道」にあると思う。四国独特の等高線がひしめく地形…

続きを読む

TOPに戻る