一宮城跡

一宮城跡(いちのみやじょうあと)

概要

阿波国の守護、小笠原氏代々の阿波の東部半分統治の居城であり、阿波山岳武士の根拠地でもあった。また、阿波九城の一つであり、室町時代の構築と推定される石畳が完全に保存されている。
(昭和29年8月6日 県指定史跡)

お問い合わせ

徳島市教育委員会

TEL:088-621-5419

ご案内

所在地 徳島市一宮町西丁
アクセス 徳島バス神山線寄井中行き「一の宮札所前」下車→山頂まで徒歩30分

関連記事