ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 見る・巡る > 伝統芸能 > 【阿波十郎兵衛屋敷】特別展と公演ー阿波人形浄瑠璃の世界「丹生谷の人形浄瑠璃」
> 見る・巡る > 博物館・資料館 > 【阿波十郎兵衛屋敷】特別展と公演ー阿波人形浄瑠璃の世界「丹生谷の人形浄瑠璃」

【阿波十郎兵衛屋敷】特別展と公演ー阿波人形浄瑠璃の世界「丹生谷の人形浄瑠璃」

<外部リンク> メールを送る印刷
阿波十郎兵衛

特別展と公演ー阿波人形浄瑠璃の世界「丹生谷の人形浄瑠璃」チラシ [その他のファイル/3.93MB]

概要

 山と清流に囲まれた徳島県那賀町の「丹生谷」地区。人形浄瑠璃用の農村舞台が全国で最も多く残り、柚子や阿波晩茶の産地として知られています。
 明治40年頃から歴史がある「木沢芸能振興会」、平成21年に那賀町内の青年団が中心となり結成された「丹生谷清流座」が活躍しており、今もなお、那賀町の6箇所の農村舞台では、神社の春秋祭りの日に、五穀豊穣・天下泰平を願う「三番叟」を奉納し、おめでたい「えびす舞」など様々な人形浄瑠璃の公演が行われ、
並んだ露店の美味しい物を食べながら、集まった人々は1日を楽しみます。
 特別展では、貴重なえびすの木偶(人形)、農村舞台へ芝居を見にいく際に使われていたお弁当箱「家重」、晩茶の茶桶など、農村舞台・人形浄瑠璃と関わってきた暮らしの数々を展示します。最終日(11月15日)には、木沢芸能振興会、丹生谷清流座による人形浄瑠璃特別公演も開催!
●期間中、相生晩茶、旭若松(那賀酒造)、柚子製品など丹生谷の物産販売も行います●

開催期間

2020年10月24日(土曜日)〜11月15日(日曜日)

各日とも9時30分〜17時00分

(★特別公演/11月15日(日曜日)13時30分~15時00分)

会場/入場料

■会場
 徳島県立阿波十郎兵屋敷

■入場料
 一般410円、高・大学生310円、小・中学生200円

申し込み・お問い合わせ

Tel:088-665-2202
Fax:088-665-3683
URL:徳島県立 阿波十郎兵衛屋敷ホームページへ<外部リンク>

アクセス情報

アクセス
  • JR徳島駅から車で15分
     川内循環バスで30分 駅前市営バスターミナル7番のりばから「阿波十郎兵衛屋敷前」下車すぐ
  • 徳島自動車道 徳島インターチェンジより車で5分
  • 神戸淡路鳴門自動車道 鳴門インターチェンジより車で20分 
駐車場 有り(無料) 

地図

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>

Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>


旬のとくしまトピックスをご紹介いたします