ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 【大塚国際美術館】第1回「アートアカデミア」アートトーク開催!

【大塚国際美術館】第1回「アートアカデミア」アートトーク開催!

<外部リンク> メールを送る 印刷 更新日:2019年11月7日更新

少女

 

大塚国際美術館(大塚一郎館長徳島県鳴門市)は、「アートを楽しく気軽に」をコンセプトに、今秋から美術史家をはじめ、幅広い分野から第一線で活躍する方を講師に迎え、シリーズでアートトークを開催します。第1回はフェルメールの傑作が2点スイカ展示になったことを記念し、大高保二郎氏(早稲田大学名誉教授/大塚国際美術館 絵画学術委員[バロック])に、私たちの心をひきつける「フェルメールの魅惑」について話して頂きます。

少女

〈写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影したものです〉

■共にフェルメールの魅惑を語ろうー絵画の”玉手箱”ー

ヤン・フェルメール(1632-1675)は今日、最も人気ある西洋画家のひとりである。その魅力はどこにあるのか。一見、彼は巨匠とか大画家とは縁遠い存在だ。現存の作品は小品ばかり30数点、その多くは室内の風俗画。彼の生涯は平凡で、生地の古都デルフトを出ることはなかった。そんなフェルメールがなぜ魅惑に満ちた絵を描けたのか。その秘密は作品そのものに隠されている。絵画を成立させる全要素がこのミクロの世界に美しく封印され、それがマクロの世界にも通じる普遍性を持つ。フェルメールの前に立てば、私たちはあたかも「絵画の玉手箱」を開けるかのような驚きにとらわれるのだ。(大高保二郎)

ギャラリー

〈写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影したものです〉

■フェルメールをイメージした魅惑のオリジナルスイーツ付き

今回はフェルメール作品をイメージした特製スイーツ付き!ブランマンジェをベースにした、鮮やかな青や黄色、麗しい真珠色など、フェルメールカラーの華やかなスイーツです。作品を観るだけでなく、語り合い、味わう。より深くフェルメールを満喫できるひとときをお楽しみください。

甘味

【開催概要】
■日時:2019年11月16日(土曜日)14時00分~15時00分予定
■会場:大塚国際美術館 別館2階
■定員:80名(事前予約制)
■参加費:500円(スイーツ代として/税込み)※要入館料
     参加費500円は、会場入口で直接お支払いください
■申し込み:(1)代表者氏名(2)人数(3)連絡先をメール info@-museum.or.jp または電話088-687-3737へお申し込みください。


【お問合せ】
大塚国際美術館<外部リンク> Tel:088-687-3737 
入館料:一般3,300円、大学生2,200円、小中高生550円

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>

Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします