ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 宿泊施設向け(新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン実践店)抗原定性検査の申込受付開始について ※PCR定期検査から抗原定性検査への切り替え

宿泊施設向け(新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン実践店)抗原定性検査の申込受付開始について ※PCR定期検査から抗原定性検査への切り替え

<外部リンク> メールを送る 印刷 更新日:2021年12月3日更新

抗原定性検査

宿泊施設の従業員に対するPCRモニタリング定期検査は、これまで無症状感染者の発見を目的に実施してきましたが、現在の全国の感染動向や、県内の感染状況、ワクチン接種の進捗等を踏まえ、有症状者に対象を絞った、より迅速に、かつ、新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスを同時に判定することが可能な「抗原定性検査キット」による検査へと切り替えることとなりました。
※宿泊施設から申込受付後、各店舗に無償で抗原検査キットを配布し、従業員等が有症状(発熱、せき、のどの痛み等)であり、かつ、直ちに医療機関を受診するのが困難な場合に、迅速に検査を実施いただき、宿泊における感染拡大の未然防止を図り、安全・安心な観光を推進しようとするものです。

詳しくは、下記の徳島県のホームページをご確認ください。
 https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kyoiku/kanko/5053375/<外部リンク>

お問い合わせ先

徳島県商工労働観光部観光政策課
電話:088-621-2339(平日 9時30分~17時)
e-mail:tokushima.yadokit@gmail.com

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします