【三好市】四国まんなか千年ものがたり運行開始!

2017年4月3日

SCN1769.jpg
4月1日(土)よりJR四国では、土讃線 多度津駅から大歩危駅間を走る観光列車『四国まんなか千年ものがたり』の運行を開始しました。
多度津駅から大歩危駅に向かう列車は、《そらの郷紀行》と名付けられています。
徳島県西部は山間地が多く、高い地域のことを「そら」と呼んでおり、中でも標高の高い集落は「そらの郷」と呼ばれています。
列車の愛称も、ここからきたようです。
列車は多度津駅を出て讃岐山脈を越え徳島県に入ると、秘境駅と名高い坪尻駅でスイッチバックを体験できます。
秘境駅と呼ばれるだけあって、坪尻駅は車で行くことの出来ない場所に、ひっそりとある駅です。
坪尻駅を通過したあとは、四国第ニの大河・吉野川に沿って、渓谷美豊かな大歩危・小歩危を眼下に見ながら、秘境・祖谷への入り口となる大歩危駅まで向かいます。
乗車時間は約2時間30分です。
列車は事前予約制で、お食事をご希望のお客様には、レストランシェフによるこだわり素材のお料理を提供しています。
専用待合室でのドリンクサービスなどもあるようです。ぜひご乗車してみていかがでしょうか。

SCN1750.jpg
【とくしま観光おすすめ隊 Kさん】

地図