眉山

徳島市のシンボル「眉山」

徳島市のシンボル「眉山」

徳島県の県庁所在地、徳島市の川といえば、もちろん大河「吉野川」。そして、山といえば「眉山」。
「眉の如雲居に見ゆる阿波の山かけてこぐ舟泊知らずも」万葉の歌人“船王”によって万葉集にも詠まれた眉山は、どの方向から見ても「眉」の形をしていることから、眉の山「眉山」(びざん)と呼ばれ、古く万葉の昔から今に至るまで、徳島市のシンボルとして親しまれ続けています。
春は桜にかすみ、夏は入道雲の下に緑濃く、秋は青空の下に燃える広葉樹、冬の光りに時には雪の頂を見せることもあり、四季それぞれの風景が徳島の町をいっそう魅力的なものにしています。
眉山の標高は290m。晴れ渡った日には、阿讃山脈、瀬戸内海、紀州の山々を望むことができ、また、四国一ともいわれる夜景のスポットとしても知られています。

山頂は眉山公園として整備され、 さまざまな山頂施設もあります。 昼も夜もパノラマビューを誇る山頂へは、幾つかの登山道がありハイキングを楽しむ市民の姿も見られます。眉山山頂へのドライブコースもあり、国道192号からと438号からの2つのルートで登ることができます。一番のおすすめは眉山ロープウェイ。ふもとの阿波おどり会館から約6分の快適な空中散歩で、山頂へと到着します。
市街地から手軽にアクセスできる自然のオアシス「眉山」。

四季折々、夜明けから夕景、夜景と移り変わり、徳島市街の美しい景観を一望できる「眉山」にぜひお越しください。

眉山山頂の楽しみ方

季節と時間が流れるにつれ、美しく表情をかえていく眉山からの景色はもちろんのこと、その周辺にも、季節に合わせて眉山を満喫できるイベント、昔ながらのスイーツ、いつ来ても楽しめる観光施設など、見どころがたくさんあります。あなたに一番合った、眉山の楽しみ方を見つけてみては。

ロープウェイ

ロープウェイ

阿波おどり会館5階(眉山ロープウェイ山麓駅)から眉山山頂へ約6分!ゆっくりと上昇していくゴンドラからは、徳島市の街並みをお楽しみいただけます。夜間運行や初日の出運行など、イベントごとに特別運行もしています。

眉山ロープウェイの詳細ページへ

最高の展望台

最高の展望台

ロープウェイの眉山山頂駅には無料展望休憩所や展望レストランがあります。展望台からの眺めは素晴らしく、ひととき下界を忘れて、海に流れ込む吉野川や、徳島の町並み、大鳴門橋や遥かに見える淡路島・和歌山までの眺望を楽しみましょう。すぐ下には、緑の中に遊具広場があり、間近にロープウェイのゴンドラが行き交うのも見ることができます。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

恋人スポット(南京錠)

恋人スポット(南京錠)

恋人たちが永遠の愛を誓って南京錠をかけるフェンス。フェンスのてっぺんには、第69代横綱白鵬関と徳島市出身の妻紗代子さんの名前が刻まれています。デートスポットととしても人気の眉山♪永遠の愛を誓い合いたい恋人と眉山の景色を楽しむ時には、ぜひ南京錠を持参される事をおススメします。

LED万華鏡

LED万華鏡

愛称が「眉華鏡(まゆげきょう)」の、LEDによる万華鏡のモニュメント!高さ6m、最上部は縦3.6m、横3mの大きさで、高さ2mの柱が支えており、LEDによる万華鏡としては国内最大級です。モニュメントの真下に直径1mの穴があり、そこから見上げると、約4,100個のLEDの万華鏡が光り輝いています。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

パゴダ

パゴダ

眉山の山頂駅のすぐ上の広場ある「パゴダ」は、1958年(昭和33年)に県ビルマ会が第2次世界大戦で戦没した戦友たちの霊を慰めるために、平和を願って建てたものです。すぐ近くには、眉山を歌った万葉集の歌碑もあります。花のカスケードと呼ばれる一画の階段を下りれば、林間駐車場へと至ります。

パコダの詳細ページへ

かんぽの宿

かんぽの宿

眉山山頂近くに位置し、眼下一面に市内随一の眺望が広がります。自然に囲まれ、静かにくつろげます。大浴場、露天風呂、展望レストラン…どこからでも絶景が楽しめます。

住所:徳島市八万町中津山3-70

TEL:088-625-1255

かんぽの宿の詳細ページへ

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

あずまや

林間駐車場から、かんぽの宿の方向に遊歩道をたどれば、お花見広場があります。春は桜の花々に囲まれ、「ガゼボ」というかわいい建物があります。これは徳島市の姉妹都市・アメリカミシガン州のサギノー市から徳島市制100周年を記念して贈られた洋風あずまやです。

眉山・四季のイベント

眉山とその周辺では、四季を通じて様々なイベントも開催されています。春はお花見に、はな・はる・フェスタ。夏は風鈴ギャラリー、阿波おどり会館まつり、スカイガーデン。秋はお月見、山頂秋フェスタ、眉山再発見ウォーキング。冬は夜景、餅つき、初日の出、阿波おどり新春特別公演など。楽しいイベントが盛り沢山!

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

やき餅

やきもち

眉山のスイーツといえば「滝のやき餅」。菊紋の押し型で親しまれているやき餅は、うすくてモチモチした皮で包まれており、一口頬張ると薄味あんこの優しい甘さが口に広がります。香ばしくて、ちょっと懐かしい気持ちになる「やき餅」を眉山からの眺めと一緒に味わってください。
【やき餅が食べられるところ】
・和田の屋(本店・徳島クレメントプラザ店・あるでよ徳島店)

やき餅の詳細ページへ

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

ページトップへ戻る

コラム

阿波おどり会館

阿波おどり会館

1階の「あるでよ徳島」では徳島の特産品を豊富に取り揃えています。2階の「阿波おどりホール」では一年中阿波おどりの実演が見られ、3階「阿波おどりミュージアム」は阿波おどりの歴史を楽しく学べるミニ博物館になっています。5階には眉山山頂に向かう「眉山ロープウェー山麓駅」や自分で打った蕎麦をその場でいただける「阿波へんろ手打ちそば教室 そば処 眉山」があります。

阿波おどり会館の詳細ページへ

ロープウェイお得情報

阿波おどり会館とお得なセット料金あり。

阿波おどり会館の詳細ページへ

パークウェイ・ドライブウェイ

車で眉山山頂へ登れる2つのドライブコース!眉山パークウェイは国道438号線からのルートで、連続的な急カーブ・急勺配が続くので運転注意。また国道192号線からのルートは、蔵本公園やお花見の名所の西部公園を抜けて、くねくねした森の中の道を車で登るドライブウェイ(乗用車のみ通行可能)。途中には湧水が流れているところがあります。
徳島市公園緑地課 TEL:088-621-5295

ウォーキング

阿波おどり会館の天神社の鳥居をくぐり、400段ある石段からスタート!100mの指標を過ぎてロープウェイ」の下を横切ると、視界が開けて城山やその向こうの吉野川を望むことができます。ほぼ自然な状態のウォーキングコースなので、しっかりとした靴、歩きやすい服装で登山をお楽しみください。秋にはウォーキング大会も開催しています。
徳島市観光協会 TEL:088‐652‐3617

ぐるぐるバス

ぐるぐるバス

徳島市内観光循環バスの「ぐるぐるバス」は、徳島駅前や阿波おどり会館をはじめ、市内に点在する観光スポットを一周約40分で回ります。途中下車OK!皆さんもお気軽に市内を巡ってみませんか♪

運行日:毎週、土・日・祝
定員:24名
料金:無料

ぐるぐるバスHPへ

とくしま観光ボランティア会

心温かいおもてなしの心で、徳島市内中心部をご案内いたします!とくしまHAPPYツアーの5つのモデルコース(2時間)から選べ、更に期間限定コースで、その期間でしか体験できない特別な観光コース、歩き遍路プチ体験コースなどの1日コースもあります♪

ページトップへ戻る