第九のふるさと 鳴門

なぜ鳴門にドイツ兵俘虜が?

なぜ鳴門にドイツ兵俘虜が?

大正3年、第一次世界大戦に参戦した日本は、ドイツの租借地であった青島を攻撃し、約4,700人のドイツ兵を俘虜とし、そのうち約1,000人を鳴門市大麻町(当時、板野郡板東町)の板東俘虜収容所に送りました。この収容所を管理していた松江豊寿所長をはじめとした人々は、俘虜たちの人権を尊重して、できるかぎり自主的な運営をみとめたため、自由で快適な収容所生活を楽しむことができ、所内では音楽やスポーツ、演劇など様々な活動が行なわれ、地域との交流も盛んになりました。

日独交流

地域の人々は、俘虜たちの進んだ技術や文化を取り入れようと牧畜・製菓・西洋野菜栽培・建築・音楽・スポーツなどの指導を受けました。そして板東の街並みでは、俘虜たちを親しみを込めて「ドイツさん」と呼び、彼らとの間で日常的な交歓風景があたりまえのように見られるようになりました。

収容所の生活

収容所の生活

 

彼らの活動は驚異的で、所内に80軒余りの商店街、レストラン、印刷所、図書館、音楽堂、科学実験室、公園、別荘群などの施設を造るほか、健康保険組合、郵便局などの互助的活動も行いました。また、学習、講演、スポーツ、音楽、演劇など文化活動も盛んで、とりわけ音楽活動では、複数のオーケストラや様々な楽団が100回を超える演奏活動を行いました。戦時中でありながらも、この地域には、人を尊重する心と、長年培われてきたお接待の心が、このような交流を支えました。

守り続けられる交流

守り続けられる交流

 

ドイツ村公園の山手には2つの慰霊碑があります。ドイツ兵たちの手で建てられたものに11名の名が刻まれています。昭和51年に建てられた慰霊碑は、日本全国の合同慰霊碑です。日本中の収容所で亡くなったドイツ兵87名の名が刻まれています。これらの碑は今でも、地域の人たちの手によって守り続けられています。

姉妹都市リューネブルク市

 

この日独交流をきっかけに、1974年に鳴門市とドイツ・リューネブルク市との間で姉妹都市盟約が締結されました。これ以後、両市は相互に親善訪問団を派遣するなど、国際交流を活発に展開するようになりました。鳴門市では、ドイツ村公園の建設を始め、ドイツと共同でドイツ兵士合同慰霊碑(1976年)や、ばんどうの鐘(1983年)などを建立し、1993(平成5)年には鳴門市に新しいドイツ館が完成し、文化、芸術、教育、スポーツなどの交流を続けています。

国内初演の第九

国内初演の第九

 

1918年6月1日に、ドイツ兵捕虜により「第九」全曲演奏されたのが、日本における初演とされています。この事実は1941年に、この初演の2ヶ月後に板東収容所で「第九」(第1楽章のみ)を聴いた徳川頼貞が書いた『薈庭楽話』で明らかにされていましたが、長く無視され、1990年代になって脚光を浴びました。

「第九」交響曲演奏会

 

鳴門市では、国内で初めて演奏された6月1日を”第九の日”と定め、6月の第一日曜日に、県内外から500余名の合唱団が合流して国際色豊かに、第九のふるさとならではの演奏回を開催しております。

NPO法人鳴門「第九」を歌う会 TEL:088-686-9999

ドイチェス・フェストinなると

 

毎年恒例の日独交流イベント。こども達の「第九の合唱」や、誰でも参加できる「ふだん着の第九」演奏会も開催されます!ドイツからのゲストミュージシャンの特別コンサートや、鳴門・ドイツの物産展も開催もあり。旬の味覚や伝統的な工芸品なども販売され、鳴門とドイツの両方の魅力を満喫できるイベントになっています。
主催:ドイチェス・フェスト実行委員会(鳴門市ドイツ館内)

ページトップへ戻る

ドイツ交流を伝える

鳴門市ドイツ館

鳴門市ドイツ館

ドイツ館は、このようなドイツ兵俘虜と地域の人々との交流を顕彰するため、元俘虜たちから寄贈された資料を中心に建設されました。館内では俘虜の遺品や写真、等身大のロボットを通して、板東俘虜収容所でのドイツ兵の生活の様子を知ることができます。ショップではドイツのワインや雑貨が並んでいます。ドイツ・ビールまつりやクリスマスマーケットなど、季節ごとのイベントも人気です。

ばんどうの鐘

阿波大正浪漫 バルトの庭

日独友好と恒久平和を願い、昭和58年に丸山山頂に建設されました。日独の平和を祈って朝夕6時と正午、1日3回美しい鐘の音を響かせます。「鳴門市ドイツ館」前広場のベートーベンの像のうしろにある階段をつかって約20分程で到着します。※マムシ、猿にご注意ください。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

ドイツ橋、めがね橋

ドイツ橋、めがね橋

大麻比古神社境内の奥にある小さな谷川に架かる石積み橋は、ドイツ兵が母国の技術を活かして作ったもの。ドイツ橋は、ドイツ兵士たちが帰国を前に、記念として母国の土木技術を生かして造られました。めがね橋は、ドイツ兵士達が遠い祖国を偲びながら1日も早く故国に帰れることを願いつつ神社境内を散策し、記念に架けられた橋です。

ボランティアガイドと歩く鳴門・板東

地元のボランティアガイドと一緒に、ひと味ちがった鳴門をゆっくりと散策しませんか。板東・鳴門市ドイツ館周辺のモデルコースは「JR板東駅→ばんどう門前通り→霊山寺→大麻比古神社(パワースポット)→ドイツ橋・めがね橋→ドイツ館・道の駅→ドイツむら公園・ドイツ兵俘虜の慰霊碑→JR板東駅。(オプション:バルトの庭、賀川豊彦記念館)
なると観光ボランティアガイド会事務局
TEL:088-684-1731
※申込・予約は1週間前の午後5時まで受付。

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

ページトップへ戻る

コラム

パネルでなりきり!♪

「バルトの庭」の焼き立てパンが人気!

「鳴門市ドイツ館」入口横に設置されているベートーベンをモチーフにした顔はめパネルで記念写真をパチリ!なりきりましょう。

道の駅「第九の里」物産館

道の駅「第九の里」物産館

物産館は、国登録有形文化財、旧板東俘虜収容所を移築したものです。特産のレンコン、なると金時、生わかめ、大和柿などなど、旬の地場産品の販売や、軽食コーナーではドイツにちなんだ食事が味わえます!オンラインショッピングも可能です。

道の駅「第九の里」ホームページ

賀川豊彦記念館

賀川豊彦記念館

JA共済の父である賀川豊彦は、鳴門市が生んだ世界の偉人です。その賀川豊彦の活動を、テーマごとに写真パネルや年表で紹介しており、墨書・軸・色紙・手紙・記念行事制作物・書籍等の展示もしています。所蔵資料点数は1,000余り。自伝的小説を映画化した「死線を越えて」や、講演録音などの視聴できます。道の駅「第九の里」より徒歩1分。

大麻比古神社(パワースポット)

大麻比古神社(パワースポット)

阿波の国の一の宮「大麻比古神社」は地元では”おおあさはん”と呼ばれ、古くから信仰を集めています。忌部氏の祖先を祭り、大和朝廷とも関連の深い古社です。境内の楠のご神木とその周辺は強力なパワースポットと知らせ、癒しを求めて訪れる人も沢山います。

ページトップへ戻る