うみがめ

うみがめ

うみがめと徳島のつながり

徳島には、年齢が分かっているうみがめとしては世界最高齢の「浜太郎」がいます。
うみがめに関する調査の歴史は深く、美波町の大浜海岸や阿南市の蒲生田海岸では、地元の中学生や小学生の手によって1950年代からウミガメの上陸回数が数えられるようになり、今に至っています。

うみがめに会いに行こう

うみがめ博物館カレッタ

うみがめ博物館カレッタ

 

うみがめの生態や産卵について様々な展示がある「うみがめ博物館カレッタ」。 カレッタとは、アカウミガメの学名です。
館内には世界のうみがめのはく製やかめの進化の過程が展示されており、ハイビジョンシアターでうみがめの神秘を学ぶことができます。また、海中を回遊するうみがめを再現した部屋で悠々と泳ぐ姿は、まるで竜宮城のようです。子がめ水槽では可愛い子がめの遊泳が見られます。
屋外には飼育プールや人工ふ化場があり、子ガメの人工ふ化にも取り組んでいます。
期間:通年
うみがめ博物館カレッタ TEL 0884-77-1110

世界最高齢のアカウミガメ「浜太郎」

世界最高齢のアカウミガメ「浜太郎」

 

誕生日:昭和25年8月13日
性 別:オス(尾が長いから)
特 徴:他のアカウミガメと違い、全体的に黄色く甲羅の臀部(でんぶ)が欠損している
日和佐中学校の近藤先生と同校ウミガメ研究グループの生徒が卵から孵化させたものを博物館が引き継いで、今も大切に育てています。
年齢が分かっているウミガメとしては、なんと世界最高齢!!
還暦を迎えたのを機に、名前を公募して「浜太郎」と名付けられました。

ページトップへ戻る

うみがめの生態

うみがめの産卵

うみがめの種類

 

現在世界では8種類のうみがめが生息しており、日本近海ではアオウミガメ、タイマイ、アカウミガメ、ヒメウミガメ、オサガメの5種類が確認されています。
大浜海岸に上陸するアカウミガメは全長1m~1.2m、体重は約100kgもあります。

うみがめの産卵

 

うみがめは5月から8月中旬までの期間に陸へと上がり、約1時間かけて100~130個の卵を産卵します。
産み終わると両手両足を使って元通りに砂をならし、海へと帰っていきます。
産卵は1度だけでなく、1シーズンに2~5回行われます。1頭が1シーズンに産む卵は、300~500個にもなります。

子がめの誕生

子がめの誕生

 

卵は2カ月ほどで砂の中で孵化(ふか)します。約100匹もの子がめたちは、夜の間に波打ち際を目指します。海面は夜でも光っているので、その光に向かって進むのです。穴から波打ち際までは人間が歩くとすぐそこですが、体長4cm体重40gの子がめたちにとっては、長く険しい道のりです。
1回の産卵で産まれる約100匹の子がめのうち、無事成長するのは1匹か2匹と言われています。

美波町HP うみがめ情報

ページトップへ戻る

うみがめが上陸する海岸

大浜海岸

大浜海岸

「うみがめ博物館カレッタ」のすぐ向かいにある「大浜海岸」は、うみがめの産卵に最適な南北約500mの美しい砂浜です。
海岸には毎年30頭前後のアカウミガメが産卵のために上陸します。
「大浜海岸のウミガメおよび産卵地」という名称で、国の天然記念物に指定されています。
美波町産業振興課 TEL 0884-77-3617

蒲生田海岸

蒲生田海岸

四国最東端・阿南市蒲生田(かもだ)岬に位置する「蒲生田海岸」は、大浜海岸に次ぐうみがめの上陸スポットで、時にはこちらの方が多く上陸することもあります。

阿南市観光協会 TEL 0884-22-3290

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

小島の浜、亀の子海岸、砂美の浜

小島の浜、亀の子海岸、砂美の浜

美波町のお隣り、牟岐町の「小島の浜」「亀の子海岸」「砂美の浜」でも、うみがめの上陸が確認されています。
「小島の浜」では、貝殻ひろいも楽しめます。すぐ向かいには「貝の博物館モラスコむぎ」があります。
牟岐町観光協会 TEL 0884-72-3420

大里松原、長浜

大里松原、長浜

徳島県最南端・海陽町の「大里松原」「長浜」でもうみがめの上陸が確認されています。
「大里松原」は白砂青松百選に選ばれた、美しい海岸です。

海陽町観光協会 TEL 0884-76-3050

bottom2-midokoro.png

bottom2-midokoro.png

ページトップへ戻る

コラム

ウミガメール♪

美波町ではウミガメ保護監視員がウミガメの上陸を見守っています。ウミガメが上陸して産卵を始めたらメールでお知らせが届く「ウミガメール♪」に登録すれば、ウミガメの産卵光景に出逢えるかも。
配信期間:5/20~8/20の20:00~4:00
※登録受付は毎年5月1日より開始。配信期間終了後は情報が削除されます。
美波町産業振興課 TEL 0884-77-3617

うみがめグッズ

うみがめグッズ

道の駅ひわさでは、うみがめをモチーフにした可愛いお土産や、うみがめの形をした蒲鉾「カメボコ」など、いろいろなグッズを販売しています。
道の駅ひわさ TEL 0884-77-2121

うみがめマリンクルーズ

うみがめマリンクルーズ

日和佐港から漁師さんが操縦する漁船で発着する「うみがめマリンクルーズ」。大浜海岸や千羽海崖、えびす洞をめぐるスリル満点の海旅を楽しめます。美味しい漁師めしもセットでどうぞ。

美波町産業振興課 TEL 0884-77-3617

連続テレビ小説「ウェルかめ」

連続テレビ小説「ウェルかめ」

美波町は2009年9月から2010年3月まで放送されたNHK連続テレビ小説「ウェルかめ」の舞台です。 アカウミガメをモチーフにした番組のキャラクター「かめっ太」は放送終了後、NHK徳島放送局のキャラクターとして、県民に親しまれています。
連続テレビ小説「ウェルかめ」
脚本:相良敦子
出演:倉科カナ、羽田美智子、石黒賢、室井茂ほか
NHK徳島放送局 TEL 088-626-5970

NHK徳島放送局HP かめっ太のページ

ページトップへ戻る