ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 見る・巡る > 博物館・資料館 > 三木家住宅・資料館
> 見る・巡る > 旧屋敷 > 三木家住宅・資料館

三木家住宅・資料館

<外部リンク> メールを送る印刷
三木家住宅・資料館の画像

徳島県最古の民家 忌部一族の末裔

穴吹川の谷から山道を6kmほど登った山の中腹、三ツ木地区にある。三木家は忌部氏の直系で、上古以来歴代の践祚大嘗祭に、御衣御殿人 (みぞみあらかんど)として、麁服(あらたえ)を調進して朝廷と深い繋がりを持っていた。南北朝時代には神領村の一宮氏・祖谷の菅生氏らとともに、阿波山岳武士の棟梁として南朝のためにつくしたといわれている。建築年代が古く大規模な家であり、中世山岳武士の系譜をひく遺構として価値が高い。(昭和51年2月3日 国指定重要文化財)
住宅の横には資料館があり、天皇即位の大嘗祭に献上した麁服(あらたえ)作成に使用した一連の資料を展示しています。

お問い合わせ

美馬市文化・スポーツ課

Tel:0883-52-8011

ご案内

所在地 美馬市木屋平字貢143
料金 無料
開業日 三木家資料館 土日 ※冬季休業(12月~3月)
営業時間 三木家資料館 10時00分~16時00分
その他

重要文化財(建造物) 1棟
当主 三木信夫
昭和51年2月3日
※トイレ有り

アクセス ・JR徳島線「穴吹駅」下車→穴吹~木屋平連絡バス「竹屋敷」下車→徒歩1時間または車で10分
・国道192号「穴吹」→国道492号→車で30分
駐車場 5台

地図

33.9863118258417,134.20525475449222

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします