ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 見る・巡る > 八十八ヶ所霊場 > 第12番札所 焼山寺
> 温泉・宿泊 > 宿坊・へんろ宿 > 第12番札所 焼山寺

第12番札所 焼山寺

<外部リンク> メールを送る印刷
第12番札所 焼山寺の画像

弘法大師開創の地にして、その昔、毒蛇棲み天変異変の災いをなし、人畜に多大の被害を与えていた。弘法大師、此地開山の為に登られる時これを妨げようとして、満山火の山となしたが、大師は印を結び真言を誦し登り給うと、不思議にも大師の法力により火は順次消え、9合目に至って巌々たる岩窟に至り、毒蛇正体を現したるが、虚空蔵菩薩の加護によって毒蛇を岩窟の間に封じ給い、其の上に三面大黒天並元頭天王を御自ら彫刻安置し給う。以来諸人安楽を得、焼山寺と称し、山号を摩膚山と称し、摩膚とは梵語で水輪の意で火伏せの山号である。
三面大黒天は、災難除け、福徳神として霊験赫々たり、正中2年、後醍醐天皇の勅願所として実翰を給い、寺法として保存している。奥の院には、蔵王権現神変大菩薩杖立権現を祀る。

お問い合わせ

焼山寺

Tel:088-677-0112

ご案内

所在地 名西郡神山町下分字地中318
駐車場 各車種あわせて70~80台
志納料 普通300円  ワゴン500円 大型1000円
宿坊 あり(30人)※必ず予約ください
アクセス ・JR徳島駅→徳島バス神山線「寄井中」(終点)下車→町営バス焼山寺線「焼山寺」(終点)下車→徒歩60分 
・第13番へ約30km(※バス便有り)

地図

33.9849692,134.3102179

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします