ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 見る・巡る > 旧屋敷・古民家 > 三河家住宅

三河家住宅

<外部リンク> メールを送る印刷
三河家住宅

三河家住宅は、医師・三河義行が1928(昭和3)年頃に自邸として建てた鉄筋コンクリート造の洋風建築で、設計は徳島県立工業学校建築科出身で、地元徳島で建築・土木活動を為した木内豊次郎が行った。建物の随所に柔らかな曲線美や自由なデザインを取り入れ、工業生産によるガラス・鉄を多用するなど、構造や機能を重視したドイツ表現主義の造形意匠で仕上げられている。辛子色の外壁、ステンググラス、屋根上のグロテスクなどは、芸術作品としての建築という概念を色濃く反映している。1945(昭和20)年の徳島大空襲の戦禍を免れ、戦前の徳島の風景を今に残す数少ない歴史的建造物である。2007(平成19)年に国重要文化財に指定。

お問い合わせ

徳島市教育委員会

Tel:088-621-5419

ご案内

所在地 徳島市富田浜4-7
アクセス

徳島自動車道「徳島IC」→国道11号(徳島方面)→国道55号(小松島方面)→かちどき橋を渡りすぐ右折
牟岐線「阿波富田駅」下車→徒歩で約5分
徳島市営バス南部循環右回り「仲之町三丁目」下車→徒歩約5分

駐車場

なし

地図

34.066426,134.556163

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします