ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 見る・巡る > 歴史的建造物ほか > 浪切不動尊・灯明杉

浪切不動尊・灯明杉

<外部リンク> メールを送る印刷
浪切不動尊

物語に出てくるような苔の絨毯は圧巻

弘法大師が立てた杉の箸2本が芽を吹いて大木となり、落ちかかっている大岩をぐっと支えているようにもみえるなんとも不思議な光景です。この杉の奥に祀られた不動尊にお参りする人が間を通る時、悪い心を持っていると杉の間に挟まって通れなくなるとも言われています。
この杉は海から出た灯明がこの大杉の梢へ飛んできて7晩光ったことから“灯明杉”と呼ばれています。

※苔は非常にデリケートですので、苔の上には立ち入らず、遊歩道のみをお進み下さいますよう、ご協力お願い致します。

お問い合わせ

海陽町観光協会

Tel:0884-76-3050

ご案内

所在地 海部郡海陽町野江中澤78-1
アクセス 阿佐東線「海部駅」→車で5分

地図

33.597068316234136, 134.3251497767066

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします