ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

伊島

<外部リンク> メールを送る印刷
伊島の画像

蒲生田岬の東海上約6キロメートルの紀伊水道に浮かぶ周囲9.5キロメートルの島。人口は約200人。
白亜の灯台がシンボルで灯台に続く道には島の固有種、イシマササユリが優雅な花を咲かせる。
周囲には無数の荒磯があり、グレ・チヌなどの磯釣りが楽しめる。
島の入り口には防波のための巨大な水門が聳え立ち、避難港となっている。島内には民宿が1軒。
伊島は、上空から見た島の形が「い」という字に似ていることから名前がつけられたという説もある。
島に渡るには津乃峰町答島港から連絡船がでている。
また、かつての水田跡地の湿地では、希少昆虫の生息地となっており環境省の『日本の重要湿地500』に選定されている。

お問い合わせ

阿南市商工観光労政課

Tel:0884-22-3290

ご案内

所在地 阿南市伊島町瀬戸
おすすめの月 イシマササユリの見頃 6月頃
アクセス JR牟岐線「阿波橘駅」下車→徒歩5分の答島港から伊島まで連絡船1日3便
磯釣りは、椿町の漁港から渡船が出ている。

地図

33.8436023,134.80734080000002

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします