ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 見る・巡る > 伝統芸能 > 三味線もちつき

三味線もちつき

<外部リンク> メールを送る印刷
三味線もちつきの画像

師走の風物詩

江戸時代、脇町が阿波藍で栄えた頃、豪商達が金力にものをいわせて年の暮に芸者に三味線をひかせ、唄を歌わせ、カネ、太鼓、拍子木等の鳴物を入れて、派手に正月用の餅をついて景気をつけたのがはじまり。現在では3グループのみ残っており、保存のため毎年12月の御用納めの日に当時を再現して公開している。
(市指定無形民俗文化財)

お問い合わせ

美馬市教育委員会 文化・スポーツ課

Tel:0883-63-2177

ご案内

所在地 美馬市穴吹町穴吹字九反地5 美馬市役所本庁前駐車場
その他 12月下旬 (市役所御用納めの日)
10時00分頃~11時00分頃
三味線もちつき保存会
アクセス ・JR徳島線「穴吹駅」下車徒歩10分

地図

34.053113962659616,134.1696735539673

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします