ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 見る・巡る > 伝統芸能 > 椿川のシラウオ漁

椿川のシラウオ漁

<外部リンク> メールを送る印刷
椿川のシラウオ漁の画像

阿南市椿町では、町をながれる椿川で四つ手網(よつであみ)を使ったシラウオ漁が行われ、徳島の春の風物詩となっている。
四つ手網は、正方形の網の四隅を十文字に渡した竹などで張りその交点にひも、差し出し棒をつけたもの。これを水底に沈めておき引き上げて魚をすくいとる。
シラウオはハゼ科に属し、地元ではヒウオとも呼ばれる。頭から尾にかけて黒い斑点がある半透明の魚。シラウオのおどり食いと言って、生きているまま酢醤油で食べたり、卵とじ、天ぷら、清まし汁などに珍重されている。

お問い合わせ

阿南市商工政策課

Tel:0884-22-3290

ご案内

所在地 徳島県阿南市椿町浜14
アクセス 阿南バス椿泊線「横尾」下車
国道55号線から福井町大西で県道26号線に入り椿泊方面へ約15分

地図

33.8312203,134.67760069999997

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします