ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 【大塚国際美術館】第1弾 花の都・フィレンツェ

【大塚国際美術館】第1弾 花の都・フィレンツェ

<外部リンク> メールを送る 印刷 更新日:2020年4月22日更新

2020年度のテーマはイタリア!

はな

 ※4月4日(土)からスタート予定の「もっと知りたいアートツアー」は、新型コロナウイルス感染症感染予防・拡大防止のため、当面の間、休止いたします。再開についてはWEBサイト<外部リンク>にてご確認ください。

 大塚国際美術館は、2020年4月1日(水)から2021年3月31日(水)までの1年間イタリアをテーマにさまざまなイベントを開催します。その第1弾として4月1日から5月31日まで、ルネサンス文化発祥の地であるフィレンツェを取り上げ、”花”をキーワードに当館ならではの名画の楽しみ方をご紹介します。

 イタリアの中でもトスカーナ州にあるフィレンツェは「花の都」とも呼ばれ、美しい街並みは「フィレンツェ歴史地区」として、ユネスコの世界遺産に登録されています。初期ルネサンスの中心地であり、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエッロら多彩な芸術家を輩出するなど、美術や建築の傑作を生んだ、まさに芸術の宝庫として知られる年でもあります。

もっと知りたいアートツアー:植物から読み解く西洋名画

「どうして受胎告知の場面にユリが描かれているの?」「オリーブを手にした意味は?」など、スタッフが絵画をご案内しながら、植物に込められた意味を読み解きます。

日時:毎週土日 14時00分~(約40分)
定員:20人(事前予約可)
集合:地下3Fインフォメーション横

ルネサンス三大巨匠はやわかりガイドマップ

ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエッロについて詳しく知ることができる鑑賞ツールです。このガイドマップを持って、三大巨匠の名画を探す旅に出かけよう。

設置期間:2020年4月1日(水)~2021年3月31日(水)
設置場所:地下3階インフォメーション付近

約25種の花が咲く「春(ラ・プリマヴェーラ)」の花壇

1階庭園には、ボッティチェッリ作「春(ラ・プリマヴェーラ)」に描かれている約40種類の花々の中からカーネーションやアネモネ、ヒナギクなど約25種類の花が彩る花壇が登場します。名画鑑賞とともに、春を感じる穏やかなひとときをお過ごしください。

場所:1階庭園 見頃:4月~5月

ヴィーナスのシンボル・バラの”アートフラワーウォール”

バラを使った撮影スポットが館内に登場。華やかな空間に包み込まれてみませんか。

設置期間:2020年4月1日(水)~2021年3月31日(水)
設置場所:地下2階ルネサンス 特設コーナー

お問合せ

大塚国際美術館
Tel:088-687-3737
入館料:一般3,300円 大学生2,200円 小中高550円
ホームページ:https://o-museum.or.jp/publics/index/788/<外部リンク>

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>

Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします