ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
> 見る・巡る > 八十八ヶ所霊場 > 第2番札所 極楽寺
> 温泉・宿泊 > 宿坊・へんろ宿 > 第2番札所 極楽寺

第2番札所 極楽寺

<外部リンク> メールを送る印刷
第2番札所 極楽寺の画像

寺を開創したのは行基菩薩と伝えられる。本尊は阿弥陀如来である。弘法大師の作である本尊の阿弥陀如来坐像は特に容姿が美しく、明治44年(1911年)国の重要文化財に指定された。
阿弥陀を漢訳すれば無量寿となり、また無量光となる。阿弥陀如来は極楽浄土にあって永遠の命を持ち、無量の光明を持って世間を照らしている仏だから、この寺の山号を日照山と号するようになった。当寺もやはり天正の兵火に焼失したが、本堂は万治2年に再建された。尚、方丈の前の大杉は大師の御手植といわれる。

お問い合わせ

極楽寺

Tel:088-689-1112

ホームページ:極楽寺<外部リンク>

ご案内

所在地 鳴門市大麻町桧字壇ノ上
駐車場 無料 普通40台 大型10台
宿坊 あり(150人)
アクセス ・JR高徳線「阿波川端駅」下車→徒歩15分
・JR鳴門線「鳴門駅」下車→鳴門市営バス大麻線「二番札所前」下車
・徳島バス大麻線「霊山寺前」下車→徒歩約10分
・第3番へ約3.4km(※バス便有り)
・高速バス停留所「鳴門西」→徒歩約15分

地図

34.15561340249995,134.4903469696976

旬のとくしまトピックスをご紹介いたします